FUJINON ZK12×25

シネマカメラ用ズームレンズ
2014年6月発売

FUJINON ZK12×25
Product Design
FUJINON ZK12×25

映画撮影現場において4K画質を維持したまま
広角から望遠迄をこの一本でカバーできるレンズ

本機は4K画質の高解像度のまま広角から望遠迄この一本のレンズでカバーできる映画撮影用のロングズームシネマレンズです。外観面ではワールドワイドに映画撮影関係者に「クール」なブランドイメージを持たれている「FUJINON」ブランドのフラグシップレンズレンズとして鏡胴部のアルミ削り出加工により「硬質な金属の無垢感」を訴求しました。操作性面では長年、往年の独/仏製単焦点シネマレンズに馴染んだカメラマンが買換後違和感無く移行できるように従来のレンズのリング操作性/鏡胴形状を継承し「変らない操作性」を提供しました。また低照度環境下での撮影を想定し全ての目盛り表記に蓄光塗料を採用し現場での目盛り可読性を向上させました。

プロダクトデザイナー 酒井 裕之
プロダクトデザイナー
酒井 裕之