ジェネリック医薬品

2010年4月発売

ジェネリック医薬品
Graphic Design
ジェネリック医薬品

現場での分かりやすさを追求した
新しいイメージのパッケージデザイン

デザイナーや関係部門の担当者が、実際に使用されている現場を訪問して、医薬品の陳列状態の観察やユーザーである医療関係者や薬剤師の方々へヒアリングを行い、パッケージに求められる要件を整理し、最終的に「多品目の中から迷わず選択できること」に絞込みました。この要件を実現するために、すべての品目のパッケージをシンプルなデザインフォーマットにまとめ、医薬品名、有効成分の含量(または濃度)が一目で分かるように大きくアイコン化したデザインで統一しました。

グラフィックデザイナー 池上 彰彦
グラフィックデザイナー
池上 彰彦