SYNAPSE SAI Viewer

画像診断用ワークステーション

SYNAPSE SAI Viewer
Interface Design
SYNAPSE SAI Viewer

人工知能(AI)技術を用いて設計した機能を搭載し、
画像診断ワークフローを支援

SYNAPSE SAI viewerでは大きく2つの新しいUIデザインを実装しています。一つは初搭載したAI技術において、CT画像から臓器構造を自動で抽出するなど医師の作業負荷を軽減します。二つ目は基本機能において、同一患者の過去検査との比較時、画像群を適切に選択して並べるという頻繁に行われる準備作業などを効率化します。これらは複雑な操作や新しい操作を覚える必要もなく、医師が日ごろ慣れ親しんでいる操作感で使用できるように配慮しました。ワークフローの効率化機能そのものを医師が効率的に動作できるようにデザインしたことで、本来の診断業務により注力してもらえるようになればと思っています。

今道 栄一
今道 栄一