GFX 50S

デジタルカメラ
2017年2月28日発売

GFX 50S
GFX 50S
GFX 50S
Product Design
GFX 50S

大型センサーを搭載したプロ用カメラの
「新たなスタンダード」を目指したデザイン

大型センサー搭載の「超高画質フラッグシップ機に相応しいデザインとは何か?」「プロの撮影環境にも耐えうる操作性・拡張性を満たすデザインとは何か?」という課題を掲げ、Xシリーズの延長ではなくゼロベースでボディ・レンズのデザインに取り組みました。
また大型センサーカメラの「新たなスタンダード機」を目指し、寸法・重量・信頼性・価格に対し高い目標を設定。それぞれの目標達成にデザインも大きく関わり作り上げたのがGFX50Sです。
是非この革新的な新システムに触れ、その価値を存分に味わってください。

プロダクトデザイナー 今井 雅純
プロダクトデザイナー
今井 雅純
Interface Design
GFX 50S

高い機動性(小型)と趣味性、高級感を併せ持つ
中判カメラのUIデザイン

「Xシリーズ」で評価いただいている「機動性/操作性/愛着」をキーワードにして取り組みました。
1.機動性:屋内外を問わず、確実かつスピーディな操作を可能にする操作部・画面のレイアウト。
2.操作性:やりたい事が直感的に行えるUXと画面デザイン。
3.愛着:カメラという「道具」としての佇まいと、使うほどに愛着が増し、写欲を高める操作感やカメラ全体の作り込み。
1〜3を通じ、中判カメラで「小型で高画質 + 愛着」を感じて、撮影シーンをさらに広げていただけるよう、デザインしました。

インターフェースデザイナー 青島 雄三
インターフェースデザイナー
青島 雄三
Graphic Design
GFX 50S

プロの道具を意識したパッケージ

中判カメラのユーザーはプロの比率が高い世界です。プロの道具の包装とは何か?同時にアマチュアが買ったときの期待感にも応えたい。この2つをテーマに、装飾性を抑えながらも品質感を感じさせるような、シンプルな「引き算」のデザインを目指したパッケージです。

グラフィックデザイナー 池上 彰彦
グラフィックデザイナー
池上 彰彦