X-Pro2

デジタルカメラ
2016年3月3日発売

X-Pro2
X-Pro2
X-Pro2
Product Design
X-Pro2

先代機X-Pro1から継承進化させた操作性と外観デザイン

X-Pro1から斜め肩シルエットとダイヤル配置を継承しながら、電源OFFの状態でも確認・変更が可能なISOダイヤルとAFポイントを即時変更できる8方向レバーを新設し、指かかりを良くした持ちやすいグリップ等で撮影時の手の感覚による操作性を大切にしました。ボディはダイキャスト、ダイヤルは切削加工を採用し耐久性と品位を高め、当社独自のアドバンストハイブリッドマルチビューファインダーにより、フレーミングとタイミングの計りやすさを追求しました。ユーザーであるドキュメンタリーやストリートフォトグラファーに長く愛着を持って使っていただけたら幸いです。

プロダクトデザイナー 佐藤 純
プロダクトデザイナー
佐藤 純
Interface Design
X-Pro2

ハード/ソフトの一体化
ユーザーと一心同体のカメラになるための操作性

X-Pro1から継承した「覗いて撮る」という原点を追求したUIを継承しつつ、多彩な機能を探しやすくグルーピングしたりカスタマイズ性を向上させた「メニュー画面」のGUIを新しくデザインしました。撮影を妨げない快適なオペレーションのUI設計と細部にまでこだわったグラフィックで作り込んでいます。
当社独自の「電子式レンジファインダー」では、当社の各レンズの撮影画角を被写体に重ねて同時比較できる「ブライトフレームシミュレーション」を搭載し、撮影に適した交換レンズを瞬時に把握して、撮影者のモチベーションを高めるようにデザインしました。

インターフェースデザイナー 小俣 武治 / 青島 雄三 / 佐久間 奈々恵
インターフェースデザイナー
小俣 武治
青島 雄三
佐久間 奈々恵
Graphic Design
X-Pro2

「高品位」と「期待感」を演出したパッケージ

パッケージは外箱/内箱の2重構造としました。外箱は、最上位機種の「高品位」を表現するため、情報をそぎ落としFUJIFILMロゴと製品名称X-Pro2ロゴのみを表示するシンプルな佇まいとしました。内箱では、ユーザーの「期待感」を膨らませる演出として、内箱を引き出したときに、型抜きしたX ロゴが現れるデザインとしました。

グラフィックデザイナー 佐藤 大輔
グラフィックデザイナー
佐藤 大輔