X-T1

デジタルカメラ
2014年2月15日発売

X-T1
X-T1
X-T1
Product Design
X-T1

趣味性の高い一眼カメラのデザインと
適度なコンパクト性を具現化

一眼カメラを象徴するペンタプリズム部の中に、デジタルカメラで最大のファインダー倍率を実現したEVFを収め、往年の一眼レフのようなシャープでソリッドな形状のデザインや、ボディ天面に配した3連ダイヤル、しっくり手に馴染み握りやすい形状のグリップなどの操作性のデザイン、ファンクションボタンを各部に搭載したことで高いカスタマイズ性を実現させた機能のデザインにより、「高性能な道具としてのカメラの佇まい」と「機能美」を表現すると同時に、カメラシステム全体での「適度なコンパクト性」を実現させました。

プロダクトデザイナー 今井 雅純
プロダクトデザイナー
今井 雅純
Interface Design
X-T1

今までにない「覗いて撮る」悦びを提供する
マルチモード・ビューファインダー

Xならではのファインダーを覗いて撮る価値を撮影者に届けるために、世界最大級の広い視野角を持った新ファインダーを最大限に活かした、新設計のユーザー・インターフェース「マルチモード・ビューファインダー」を開発しました。緻密なグラフィックと撮影行為を妨げない快適な表示に、倍率を最大限に活かす「フル」、画角を一瞥できる「ノーマル」、MF操作に特化した「2画面」(世界初)、縦位置に構えると表示が連動する「バーティカル」(世界初)の表示モードを搭載しました。

インターフェースデザイナー 佐久間 奈々恵
インターフェースデザイナー
佐久間 奈々恵
Graphic Design
X-T1

世界で統一されたXのイメージを創る、店頭ディスプレイと
POPの効果を持たせたパッケージ

黒は往年のカメラらしい趣味性や佇まいを大事に作りこんだXの世界観を表現する色です。その黒の背景にカメラの画像をあえて正面視で入れることで精緻な印象にし、製品そのものの精度や高い技術をイメージさせました。他の機種も全て共通のプラットフォームデザインとし、お店に塊りで陳列された際には、世界で統一されたXのイメージを創る店頭ディスプレイの効果を持たせています。説明員が居らず製品そのものが置かれていない店頭では、製品ディスプレイとPOPの効果も兼ね備えるようにしました。

グラフィックデザイナー 佐藤 大輔
グラフィックデザイナー
佐藤 大輔