X-T10

デジタルカメラ
2015年6月25日発売

X-T10
X-T10
Product Design
X-T10

“小さいけれど本格派”のプレミアムカメラ。

X-T10は小型軽量ボディーに世界最短表示タイムラグの電子ビューファインダーとストロボを搭載し、室内から屋外まで様々なシーンで撮影出来る「ファインダーを覗いて撮る楽しさ」を提供するプレミアムミラーレスカメラです。シャッタースピードダイアル/露出補正ダイアル/レンズ部での絞り値の操作等、FUJIFILM-Xシリーズの特長である直感的なマニュアルの操作性を持ちながら、レバー1つでフルオート撮影に切り替えられるオートモード切替レバーを搭載し、初心者からプロカメラマンまで幅広いユーザーの使用に応えることができる”小さいけれど本格派”のプレミアムカメラを目指しました。

プロダクトデザイナー 佐藤 純
プロダクトデザイナー
酒井 真之
Interface Design
X-T10

「新AFシステム」の性能を引き出すGUIデザイン

X-T10は新開発のAFシステムを搭載し、従来の「シングルポイント」に加え、77点の広いエリアで動いている被写体の決定的瞬間を捉える「ゾーン」、「ワイド/トラッキング」を新設することで動体撮影性能が進化しました。システムの刷新に合わせてGUIデザインも一新し、あらゆる撮影シーンで被写体を追いやすい、ピントの合焦位置を確認しやすい表示に改良しました。「ファインダーを覗いて撮る楽しさ」を大切に、機能性や魅力を感じて頂けるGUIデザインを目指しています。

インターフェースデザイナー 佐久間 奈々恵
インターフェースデザイナー
佐久間 奈々恵