定性免疫診断装置

定性免疫診断装置
定性免疫診断装置
Product Design
定性免疫診断装置

医療従事者のニーズに応える、シンプルデザイン

インフルエンザ等のウイルス感染の有無を判定する分析装置です。基本造形をタテ型にすることで、設置面積を従来機の約半分に削減、複数台設置する際のスペース効率を向上させました。また、清掃しやすい凹凸の無いボディ、離れた位置からも見える液晶表示部等、医療従事者のニーズに基づいた、シンプルなデザインを心がけました。

大野 博利
大野 博利
Interface Design
定性免疫診断装置

離れていても、検査状況が把握しやすいデザイン

検査開始後、離れた場所からでも経過状況や結果が出たことを認識できる画面デザインを目指しました。時間情報をオレンジの線で、検査結果情報を白の色面で表現し、明確な色分けとシンプルな形状を用いることで「パッと見た画面の印象で検査状況を把握できるデザイン」を実現しました。

石川 成利
石川 成利